国際ロータリー
第2520地区
(岩手・宮城)
万葉の時代(とき)
東北の政(まつりごと)の中心であったといわれる
「多賀城」
いにしえのおもかげを史跡に残しながら
今も、杜の都仙台とともに
多賀城は伸び行く「みちのく」の拠点です。
Rotary International 2018-19
国際ロータリー会長
 
バリー・ラシン
(Barry Rassin)
 
East Nassau RC Bahamas
(ニュープロビデンス島)

インスピレーションになろう
第2520地区
ガバナー
 
田中 尭文
 (盛岡RC)
 
   2018-19年度 第47代会長
       宮 城    順   (みやぎ じゅん)
会  社:(株)宮城工務店     :代表取締役 (総合建設業)
          〒985-0874 多賀城市八幡三丁目16−26
                       TEL.022-364-1261  FAX.022-364-1263
入  会:平成19年 3月 8日
 
 
       幹 事
           引 地  辰 男   (ひきち たつお)
会  社:(有)日装施設        :専務取締役  (杭地業)
          〒983-0003 仙台市宮城野区蒲生字萩袋13-1
                       TEL.022-258-5130   FAX.022-259-5596 
入  会:平成 24年 7月 5日
 
 
会 長 方 針
  

 「ひらめきを捉えて取り組もう」
                                 第47代会長 宮 城  順


 2018〜2019年バリー・ラシンRI会長のテーマ「BE THE INSPIRATION」………。
 シンプルなフレーズですが中々に意味深長な言葉だと思います。そして今年度地区
ガバナー田中 堯史氏が年度目標に掲げた「人道的奉仕の重点化と増加」に関しては、
ロータリークラブが地域社会と一緒に奉仕プロジェクトに参加すると言う事を念頭に置き、多賀城ロータリークラブもより地域社会との交流を深める活動を実行していきたいと思います。
 さて、今年度中に平成が終わり新元号に変化をとげようとする節目の時に、多賀城
ロータリークラブの会長としても新しい時代に合せた変化を遂げる事に取り組みたいと思います。
 クラブ会長の責務として最初に浮かんだのが、次世代への継承という事です。
 私達にとってすぐ其処に控えているのは、4年後の創立50周年という節目です。この差し迫った命題について今年度においてハッキリと道筋を示すことが肝心と考えております。
 次に中長期的な課題として、地域に多賀城ロータリークラブの存在意義を高める事が有ります。現在は過去の賜物、そして将来は現在の遺産と言われますが、我々の後に今後有るべき多賀城ロータリークラブの姿を見据えて地域に影響力を与え続ける奉仕団体としての存在を確立したいと言う希望が有ります。
 クラブ会員が漫然と集まり一時を過ごすのではなく、より知見を広め、地域社会で求められている奉仕、援助、支援とは何かを考え、経験と知恵を出し合いながら団体として活動を起こす事。過去に囚われずこれからの時代の変化と要求にあった活動を作り出していく事こそが本年度RI会長のテーマ「インスピレーションになろう」です。この言葉を私なりに解釈し、本年度会長方針として「ひらめきを捉えて取り組もう」にさせていただきます。
 今年度より始まる新しいステップに期待して頂き、そして皆さんのひらめきの力を集約していきたいと思っております。